楽天モバイル

スマホ代が月1000円以下!楽天モバイルならポイント支払いで格安にできました。


こんにちは。こうです。

僕の場合、田舎に移住して都会での会社員時代より収入が減りました。

想定はしていたのですが、やっぱり厳しいです。

そこで家計の支出を見直すことにしました。

見直すなかで、支出を大きく減らせるとわかっているけど、なかなか踏み出せなかったのがスマホ代です。

僕は大手キャリアを利用していたので、僕と妻合わせて月13,000円くらい支払っていました。

格安スマホにすれば、月一人1,800円としても、二人で月3,600円。

月10,000くらいは、支出を減らすことができます。大きいです。

でも、

どの会社の格安スマホがいいのか。

通話料は月額料金に含まれていないけど、通話料がめちゃくちゃ高くならないか。

通信速度が遅すぎることはないか。

近くに店舗がないと故障したときに困らないか。

プランがいろいろあるけど、どれがいいのか。

大手キャリアの2年縛りがあるけど、乗り換えのタイミングはいつがいいのか。

考え出すと面倒くさくなって、動きが悪くなっちゃいます。

でも、月10,000円の差は大きいので、頑張って調べて、思い切って乗り換えました。

僕が乗り換えたのが、楽天モバイルです。

なぜ、楽天モバイルにしたかと言うと、他の格安スマホより月々のスマホ代の支払いを安くできると思ったからです。

使いはじめてどうだったかと言うと、現在の支払いは月1,000円以下になっていますし、使い勝手も思ったよりいい感じです。

それでここでは、僕がスマホ代を1,000円以下にすることができた楽天モバイルを紹介していきたいと思います。

よろしくお願いします。


スポンサーリンク

格安SIMとは?楽天モバイルとは?

楽天モバイルなどは、「格安SIM(MVNO)」、「格安スマホ」と呼ばれます。

格安SIM(MVNO)は、他社の携帯電話回線などを借りて、携帯電話サービスを提供している会社です。設備を借りているので、格安でサービスを提供できるのです。

楽天モバイルの場合、ドコモの回線を借りてサービスを提供しています。

楽天モバイルのメリットは

月額料金が安い

楽天モバイルの料金プランは次の通りです。

基本的に電話はいると思うので、たいていは「通話SIM」を選択します。

プランは格安SIM契約で一般的な3.1GBプランがいいと思います。

そうすると月額基本料金は、1,600円(税込み1,728円)です。

スマホ本体を合わせて購入する場合は、プラスでスマホ本体料金を支払います。

例えば、FUJITSU arrows M03というスマホを分割払いで購入すると、346円/月×24回の支払いです。

月額基本料金と合わせても、(月額基本料金)1,728円+(スマホ本体料金)346円=2,074円 です。

どうですか。大手キャリアよりかなり安いですよね。

でも、楽天モバイルの場合、次のメリットと合わせることで、更に安くできるのです。

支払いに楽天スーパーポイントを使える

楽天スーパーポイントは、楽天市場などの楽天グループのサービス利用時や、マクドナルド、ミスド、出光などの楽天ポイント加盟店の利用でポイントがもらえるサービスです。もちろん楽天モバイルの支払いでも、ポイントがもらえます。

他の格安SIMにない、楽天モバイルの一番のメリットは、スマホ代の支払いに楽天スーパーポイントを使えることです。

楽天スーパーポイントは、2017年のインターネット調査で「貯まりやすさNo.1」に選ばれました。貯まりやすい楽天スーパーポイントをスマホ代の支払いに使えたら、すごいと思いませんか。

僕も楽天スーパーポイントで支払うことで、月のスマホ代を1,000円以下に、月によってはほぼ0円にできています。

その楽天スーパーポイント。実は、買い物しなくてもポイントを貯める方法があるんです。その方法はこちら

データ繰越ができる

楽天モバイルは、契約したプランのデータ通信量を使い切らなかったときは、余った分は翌月に自動で繰り越しされます。
例えば、3.1GBプランを契約していて、2GBしか使わなかったときは、1.1GBが翌月に繰り越しされます。
ということは、翌月は4.2GB使えるということです。

通信量が無駄にならないのは、うれしいですよね。

通信量が足りなくなったときは、「データチャージ」で通信量を購入することができますし、毎月1回まで、データ通信量のプランを変更することもできます。

通信量が不足の場合も、安心ですね。

契約の縛りが少ない

大手キャリアだと2年縛りと言われている最低利用期間の縛りがあって、契約月以外に解約すると、1万円ぐらいの契約解除料を支払わないといけないですよね。しかも、契約が自動更新され続けます。

楽天モバイルは、最低利用期間が12カ月です。はじめの1年間使えば、その後は、いつ解約しても、契約解除料はかかりません。これなら、気軽に楽天モバイルをはじめることができますよね。

「格安SIMシェアNo.1」で安心できる

楽天モバイルはMMD研究所「2018年3月/2017年9月格安SIMサービスの利用動向調査」で「メインで利用している格安SIMサービスシェアNo.1」を獲得しました。

多くの人が利用している、利用できるサービスを提供している、というのは、利用者にとっても安心ですよね。

テザリングが無料で使える

テザリングとは、パソコンやタブレットをスマートフォンにつないで、スマートフォンの通信でインターネットに接続することです。Wi-Fi環境がなくても、PCやタブレットでインターネットを使うことができます。

楽天モバイルでは、テザリングが無料で使えます。

楽天モバイルのデメリットは

キャリアメールが使えない

大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などのキャリアメールは使えなくなります。

では、乗り換えた人はどうしているかと言うと、フリーメール(GmailやYahooメール)を使用しています。

キャリアメールのメールアドレスをいろいろなサイトに登録している場合は、フリーメールに登録し直してから、乗り換えしましょう。

友達にフリーメールのアドレスを教える必要もありますが、LINEでのやり取りがほとんどなら、必要ないかもしれません。僕も最近はLINEばっかりで、キャリアメールの受信箱にはダイレクトメールしかなかったので、必要ありませんでした。

通信速度が遅くなる?

楽天モバイルなど格安SIMは、大手キャリアに比べて通信速度が遅くなるイメージがあります。僕が使用してみての体感ですが、一部の時間帯を除いては、ストレスなく使用できる速度だと思います。一部の時間帯というのは、12:00~13:00、18:00~19:00です。この時間帯は通信が混み合う時間ということで、通信速度が抑えられています。

ただ、12:00~13:00、18:00~19:00の時間でも、通信速度は日によって差があり、なかなかつながらない日もあれば、あまり気にならない日もあります。

僕はこの時間は動画を見ることなどは避けるようにしています。もし近くに無料Wi-Fiを利用できる環境があれば、そちらに切り替えることで、快適にスマホ利用できると思います。

かけ放題がない。通話料が高くなる

楽天モバイルは大手キャリアのように、かけ放題がありません。その代わり、楽天でんわが10分かけ放題で月額850円(税別)のオプションがあります。10分あれば、大抵の用件は済むと思いますので、通話の頻度が多い人は、オプションの利用が有効です。

LINEでのやり取りが中心で、ほとんど通話を利用しない人は、オプションを付けずに30秒10円の楽天でんわを利用すれば、オプションを付けるより安く済むかもしれません。オプションは後から付けられるので、とりあえずなしにして、利用状況で判断するのがいいと思います。

また、はじめて楽天モバイルを利用する人は、いろいろな割引があって、1Mbps以上の高速通信が使い放題で、10分かけ放題がセットになったスーパーホーダイを検討するのもいいと思います。

スーパーホーダイについては、こちらを参考にしてください。

まとめ

楽天モバイルは、他の楽天のサービスと組み合わせることで月のスマホ代をとことん安くできる格安SIMです。高すぎるスマホ代に悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。乗り換えは、早ければ早いほど節約も大ですよ!!