田舎あるある

【田舎生活あるある】田舎は都会より生活費、物価が安いの?高いの?

こんにちは。都会から田舎に移住して生活をしています。こうです。

僕は都会に住んでいるとき、田舎での生活はあまりお金がかからないんじゃないかなー、と漠然と考えていました。

実際に移住してみると、思った通りのところと、思ってたのと違うところ、いろいろあります。

そんな田舎での生活にかかるお金について紹介したいと思います(地域によって違いはあると思います)。

スポンサーリンク

生活費が高いもの

交通費が高い

僕の住んでいるところでは、徒歩や自転車で行ける範囲に、日用品や食料品を買えるお店がありません。

何か買い物となると、必ず車に乗って行くことになります。

バスは走っていますが、1時間に1本くらいだし、乗っているとガンガン運賃が上がってくので、自分の車を使うことがほとんどです。

何をするにも車を使うので、ガソリンの消費量が尋常ではありません。

それに加えて、ガソリン代が高い。

田舎への輸送コストがかかるからか、都会よりリッター5円くらい高い感じです。

唯一の救いは、信号は少ないし車の量も少ないので、燃費よく走ることができるところです。

でも、制限速度よりかなりゆっくり走るおじいちゃん、おばあちゃん、トラクターに引っかかることも多いです。

でも、焦らず安全運転で行きましょう。

車の維持費が高い

何をするにも車を使うと言いましたが、一家に一台では身動きが取れません。

妻が車で出かけると、僕は家に引きこもるか、近所を散歩です。

必然的に、一人一台になってしまいます。家庭でもカーシェアリングできません。

車の台数が増えれば、車両購入時の価格だけでなく、税金、定期点検、車検、任意保険、オイル交換、タイヤなどの部品交換などの維持費も台数分かかります。

駐車場だけは、庭にとめれたり、借りても格安でかりれます。月1,000円とか。

都会では、月極めで2~3万円とか、もっと高い場合もありますからね。

スーパーでの買い物が高い

以前住んでいた場所では、徒歩、自転車圏内にスーパーが4軒ありました。

チラシを比較して、このスーパーではこれとこれ、あのスーパーではこれ、みたいに安く売っているお店を選んで買い物をすることができました。

田舎ではスーパーが少なく、競争が少ない為、値段があまり下がりません。

安く買うためにスーパーのはしごなんかもしにくいです。全体的に高くなってしまいます。

週末に安いスーパーまで遠出して、まとめ買いをすることが多いです。

ただ、地元産の野菜なんかは、道の駅やJAの産直販売所で格安に買うことができますし、知り合いの農家さんからおすそわけしてもらえたりします。

これが新鮮でおいしいんです。農家さん、ありがとうございます!!

飲み会、宴会が高い

田舎では、自治会の活動や、子供が学校に行っているとPTA、子ども会の活動が活発です。

飲み会や宴会もよくあるのですが、お店の数が少ない。スーパーと同じく、競争が少なくて値段が高い。

1軒目だけで5~6千円なんてことも、よくあります。

都会では、飲み放題付きで3千円台のお店も結構あったので、えー、この料理でこの値段ー。なんてことが結構あります。

でも付き合いも大事だし、必要経費ですね。他で節約しましょう。

ちなみに、職場での飲み会は少ないです。

職場にも車通勤で、お店にも車で行くことになるから、仕事帰りに飲むのは難しいですね。

水道代が高い

上下水道って各自治体でそれぞれ運営していますよね。

上下水道設備や管理にかかる費用を利用者で分担して負担する感じになると思うのですが、都会では利用者が多いので一人当たりの負担が少なくなり、田舎では利用者が少ないので一人当たりの負担が多くなります。

ですから、田舎では水道代が高いんです。

でも、田舎の水道水はおいしいです。

以前住んでいた都会では、水道水が臭くて、とても直接飲めるものではなかったのですが、田舎の水道水はおいしく飲めます。

元の水がきれいなんでしょうね。

都会でミネラルウォーターを買って飲むことを考えると、安いのかも。

【追記】
最近知ったのですが、田舎は水道代が高いとは一概に言えないみたいです。

きれいな水源が近くにある自治体では、水をきれいにするコストがかからないので、水道代が安いのだそうです。

きれいな美味しい水が安く飲めるのは幸せですね。

自治会費が高い

田舎の自治会費は高いです(地域により違いはあると思います)。

ぼくの経験で言うと、桁が一桁変わります。

以前住んでいた地域の自治会費は月数百円でした。

今住んでいる地域では、月2千円台です。

はじめての自治会費の集金の時には、びっくりしたものです。

住んでみてわかったのですが、田舎ではお祭りなどの行事がさかんです。

地域を盛り上げるための必要経費なんですね。

生活費が安いもの

土地代、家賃が安い

土地の値段や家賃は想像通り安いです。

土地の値段が安いので、固定資産税も安くなります。

駐車場を借りても安いです。

安く農地を借りて、農業を始めるのもいいと思います。

実際、若い人で都会から移住して、農業を始めている人も結構います。

家賃って聞くと、田舎に賃貸があるの?と思われるかもしれませんが、ありますよ。

田舎でもメーカーの工場があるところでは、集合住宅や単身者ようの賃貸物件は結構あります。

それ以外でも、一軒家の空き家が結構あるので、格安で貸している家もあります。

何を始めるにも初期投資が少なくて済むのは、リスクが少ないし、ありがたいですよね。

まとめ

田舎での生活って、仙人みたいな生活をしないかぎり意外とお金がかかるんですよね。

でも、今どき買い物の一部なんかは、ネットショッピングを利用することで都会と同じようにできますし、工夫次第で快適にできますよ。

アマゾン、ヤフーショッピング、楽天市場は、僕もよく利用しています。ポイント大好物です。