楽天モバイル

楽天モバイルはデータシェアで家族の使い切れない高速データ通信容量を無駄にしない

こんにちは。こうです。

格安スマホを利用していて、もう少し高速データ通信容量が欲しいなって時、ありますよね。

ぼくが利用している楽天モバイルでは、通信データ通信容量が足りなくなったらデータチャージで購入できます。価格は次の通りです。

100MB/300円(税別)
500MB/550円(税別)
1GB/980円(税別)

でも、通話SIM3.1GBプランの月額基本料が1,600円であることを考えると、まあまあ高いです。

使える高速データ通信容量を増やすもう一つの方法が、オプションのデータシェアです。

もし、家族や友達が楽天モバイルのデータ通信容量を使いきれず無駄にしているなら、データシェアを使うことで、データ通信容量を有効活用できます。その結果、あなたの使えるデータ通信容量を増やすことも可能です。

オプション「データシェア」とは

楽天モバイルのデータシェアは、グループになった楽天モバイルユーザー間で、前月繰越分のデータ通信容量を分け合えるという仕組みです。

データシェアは、シェアしたい相手の電話番号さえ分かれば誰とでもできます。

「グループになってシェアしましょう」ってグループに招待して、相手に承認されればシェアできるので、家族じゃなくても、友達でも全く知らない人でも、シェア可能です。

最大5人でデータ通信容量をシェアすることができます。

家族や友人で毎月のように前月繰越分を使い切れずに無駄にしてしまっていた、なんて人がいたら、もったいないからデータシェアしましょう。
スマホのデータシェア

データシェアの利用方法

データシェアをはじめる時に、招待する人をオーナーと呼び、招待される側の人をメンバーと呼びます。

データシェアの利用方法は次の通りです。

1.オーナーが、「メンバーステーション」にログインし、オプションの申し込みページから、メンバーの電話番号を入力して招待します。
2.招待されたメンバーに参加承認の依頼メールが届きます。
3.メンバーは、「メンバーステーション」にログインし、データシェアの「承認画面」で承認をします。
4.承認をした翌月からデータシェアが開始されます。

データシェアをやめる方法は次の通りです。

・オーナーがグループを解散する。
・メンバーがグループを脱退する。

オーナーがグループを解散したり、メンバー全員がグループを脱退すると、データシェアは終了します。

データシェアが終了すると、残った繰り越しデータ通信容量は、オーナーに引き継がれて、オーナーだけが使える状態になります。

データシェアの月額料金

データシェアは月額100円(税別)で、オーナーとメンバー全員に発生します。

2人でデータシェアをした場合は、オーナーとメンバー合わせて200円(税別)の料金になります。

前月繰越分のデータ通信容量を使わずに流してしまっている家族や友人がいるなら、データチャージで購入するより、データシェアしたほうが料金も安く済む可能性が高いです。

慢性的なデータ通信容量不足(ギガ不足)をデータシェアで解消する

ぼくは慢性的にデータ通信容量が不足気味です。節約する為に、高速データ通信をOFFにして過ごすことも多いです。

つい最近スマホデビューしたぼくの両親(70代)は、楽天モバイルの3.1GBプランに加入していますが、毎月データ通信容量を繰り越して、月末でも4~5GBくらい残っています。そして、1~2GBを流してしまっています。もったいない。

そんな、ぼくと両親二人がデータシェアを始めれば、ぼくは毎月2~4GB多く使えるようになります。

データシェアの月額料金が3人合わせて300円かかりますが、2~4GBが300円なら安いものです。


楽天モバイルを利用している友達にデータ通信容量(ギガ)を売る

友達に楽天モバイルを利用している人がいて、ギガ不足になりがちなら、自分の繰り越し分を売ってあげることもできます。

例えば、3.1GBの料金プランの友達が慢性的なキガ不足だとします。

楽天モバイルで、組み合わせプランの3.1GBと5GBの料金差は月額で550円です。

1.9GBが550円ってことですね。オプション料金が2人分で200円なので、差額350円。

1.9GBを350円以下で売れば、その友達は料金プランを変更するより安くなるので、買ってくれるかもしれません。

データシェアは、招待と承認をした翌月から始まるので、今月ギガが欲しい場合には使えません。

データ通信容量不足(ギガ不足)が気にならない楽天モバイル スーパーホーダイ

慢性的にギガ不足でイライラしちゃっているなら、データシェアとかデータチャージとかするより楽天モバイル スーパーホーダイにしたほうがいいと思います。

スーパーホーダイという料金プランは、高速データ通信容量を使い切っても、最大1Mbpsの通信速度が使い放題になります。

1Mbpsなら動画再生も問題なく視聴できるレベルです。楽天モバイルのスーパーホーダイのページで、1Mbpsの通信速度がどれくらいか動画でチェックできます(こちらでチェック⇒楽天モバイル スーパーホーダイ)。

これならギガ不足でストレスをためることもなくなります。

そして、楽天でんわアプリを使えば、10分以内の国内通話がかけ放題にもなります。

これだけの内容で新規申し込みなら、データ通信容量2GBのプランで月額2,980円ですが、最初の1年間は楽天会員割引きで1,500円割引になり、月額1,480円です。

すでに楽天モバイルを利用していてプラン変更の場合でも、最初の1年間は楽天会員割引きで500円割引になり、月額2,480円です。

こんなお得な楽天モバイルの詳細&申し込みはこちらから。