生活の知恵

体験談 パナソニック冷蔵庫がエラーH28を表示した時の対処方法

冷蔵庫あつあつ
こんにちは。こうです。

わが家の14年目になるパナソニックの冷蔵庫 NR-F471T が、真夏の8月にエラーコードを表示しました。
パナソニック冷蔵庫エラーコードH28-1
パナソニック冷蔵庫エラーコードH28-2
冷蔵庫の中の「お知らせ」って場所に「H」と「28」を繰り返して表示されています。

冷えてないのかと思いましたが、冷蔵庫、冷凍庫ともに冷えています。でも、冷蔵庫は気持ち冷えがあまいような・・・。

冷蔵庫の側面をさわってみると、「熱っ!!」。夏場は側面がかなり熱くなるのですが、それにしても熱い。

いつもはさわっていられる、熱めのお風呂のお湯くらいかな。

今回はいっしゅんで手をはなしてしまうくらい。熱湯です。

真夏だし冷えなくなったらやばいです。

ネットで調べると、エラーコードH28は「ファンモータ断線/ロック」とのこと。

かなり高齢の冷蔵庫だし、買い替えも考えましたが、とりあえず電話で相談することにしました。

しかし、よくあることですが、電話の相談窓口は混んでて全然つながりません。

しかたないので、WEBから修理申し込みをすることにしました。

パナソニックの修理診断ナビという画面で、品番を入力し、表示されるコードを選ぶことになるのですが、

ところがっ・・・、「H28」がないんです。
パナソニック修理診断ナビ画面
H28は選べないし、その他で入力するための項目もない。
(;_;)

しかたないので、もう一度相談窓口に電話することにしました。そして、長らく待って、やっとつながりました。

冷蔵庫の後ろにあるファンが動いていない状態で、修理する場合、訪問し部品交換が必要とのこと。

訪問することで、出張料3,500円(税抜)。これは修理できない状態であったとしても必要。

プラス部品交換の料金が必要で、出張料と合わせて1万2千円くらいになるそうです。

悩みましたが修理を依頼することにしました。訪問日は3日後です。

訪問日当日。

担当者の方に冷蔵庫の状態を見てもらいました。

やはりファンモータがまわっていない状態。

かなりほこりがたまっていて、ほこりのせいでファンがロックされている可能性がある為、掃除をしてくれました。

でも、ファンはまわらない。

担当者の方いわく、「古い冷蔵庫なので、いつ冷えなくなってもおかしくない。部品交換にお金を使うより、新しい冷蔵庫の購入にあてたほうがいい。」

少し考え、確かにそうだなと思っていると、ファンがまわりだしました。

部品交換は行わず、早々に冷蔵庫を買い替える方向に決定です。

出張料3,500円(税抜)だけお支払いしました。

ちなみに、やはりファンモータがまわっていると、冷蔵庫の側面の温度は熱々にはなりません。

その後、ファンモータは動いたり止まったりを繰り返しています。早急に買い替えしないと。

今現在は冷蔵庫のリサーチ中。しかし、冷蔵庫は高い。同じグレードだと20万円台です。
(;_:)