抜け毛対策・育毛

リザレックコーワを使った感想。ミノアップと同じ?リアップとの違いは?

ミノキシジル5%配合製品を使用してみるのも、今回のリザレックコーワで5種類目です。

愛用品のリアップX5プラス、メディカルミノキ5、リグロEX5、ミノアップと使用してきましたが、リアップX5プラスの塗布のしやすさを超える製品には出会えていません。

薬液自体はミノキシジルが5%配合されていて、大差ないんですけど、あまりに他の製品が思った通りに塗布できないので、リアップをやめることはできない状況です。

ぼくが使用した製品についての感想は、「抜け毛対策・育毛」カテゴリで紹介しています。

そして、今回使用してみたリザレックコーワに関しては、使う前からどんな製品か想像ができていました。

だって、リザレックコーワとミノアップは・・・。

スポンサーリンク

リザレックコーワはミノアップと双子の兄弟?

リザレックコーワは、販売元が興和株式会社で、製造販売元はリョートーファイン株式会社です。

興和株式会社は、コルゲンコーワやキャラクターのケロちゃん、コロちゃんで親しまれている会社です。
ケロコロ
↑遠目で見るとケロちゃん、コロちゃんぽく見えると思います。

製造販売元のリョートーファイン株式会社は、医薬品など幅広い分野の製造販売をしている会社です。

で、このリョートーファイン株式会社は、以前ぼくが使用したミノアップの製造販売元でもあるんです。
リザレックコーワとリアップ
ということで、今回の記事ではリザレックコーワを使用した感想をご紹介します。

リザレックコーワとミノアップ 見た目はほぼ同じ

リザレックコーワの外箱と容器は次のものです。同じ会社が製造したミノアップをとなりに置いています。
リザレックコーワとミノアップ
キャップの先の形状が違います。キャップを取ると次の通りです。
リザレックコーワとミノアップ
容器の形状、薬液が出てくる塗布部の仕組みや形状もまったく同じです。

同じ会社が製造しているので、ラベルやキャップで差別化しているのだと思います。

同じ会社が製造して、容器の形状も同じということは、使い勝手は・・・。

リザレックコーワの容器の使い勝手は?やっぱりリアップの使い勝手は一番?

リザレックコーワを使ってみた感想ですが、やはりミノアップと全く同じ。

容器の先端の白い部分を「はかる」に合わせて容器を逆さにして、薬液が先端部にたまったら「ぬる」に合わせる。
リザレックコーワ容器先端
そして、先端部を頭皮にトントンする。

やっぱり、薬液の出る量が少ない。ミノアップと同じ。

1回分の薬液を頭皮に塗布するのに、何回トントンすればいいのか分からないくらい、出る量が少ない。

腕が疲れる。時間もかかる。

ミノアップの記事でも書きましたが、改めてリアップX5プラスの容器の使いやすさを実感します。

リアップX5プラスの場合、トンの強さ(または長さ)で薬液の量が調整でき、少なめに出すことも、多めに出すことも可能です。

リザレックコーワの容器のよい点をあげるとしたら、薬液が出すぎて垂れることがないことでしょう。

ミノキシジル5%配合のリザレックコーワの効果は?

リザレックコーワも、ミノキシジルを5%配合したリアップX5プラスのジェネリック品です。

1ヶ月使用してみましたが、リアップを使用していた時に比べて、抜け毛が増えるといったことはありませんでした。

リアップX5プラスのような3つのサポート成分は入っていないので、メントールのすーとする感じはありませんが、リアップX5プラスで効果がある人は、同じく効果がある製品だと思います。

リザレックコーワの実売価格は?ミノアップやリアップと比べて安い?

リザレックコーワは、ネットで1本4千円弱で販売されています。

複数本まとめて販売もされていて、こちらのほうがお得です。

販売ストアによりますが、ミノアップと近い価格ですね。

リアップX5プラスは、1本7千円台で、まとめ買いだと6千円台で購入できるストアもあります。

価格面では、リザレックコーワはとても魅力的な商品です。

まとめ

ミノキシジル5%配合の薬液の効果と価格面では、非常に魅力的なリザレックコーワです。

課題は、毎日2回塗布し続けることがちょっと大変な容器(塗布部)の形状です。

ということで、ミノアップの時と同じく、ぼくは使い古しのリアップX5プラスの容器に詰め替えて使いました。

詳しくは、次の記事で紹介しています。

やってみようと思う方は、自己責任でお願いします。