保証期間

4年以上使用のリクシル LIXIL シャワートイレを保証修理できた。勢いよく閉じるふたはモーター故障でした。

こんにちは。こうです。

電化製品とかって、保証期間が終わったとたんに故障することがよくあります(そんな気がします)。

保証書を確認して、1ヶ月前に保証期間が終わっていたりすると、たまんないです。

でも最近、保証期間に救われることが2回連続しました。

買った製品が短期間で壊れているので、全然いいことじゃないのに、ラッキーというか、メーカーさんありがとう、って気持ちになちゃいます。

1つ目は、こちらの記事で書いたニトリのソファ。

そして今回がリクシル(LIXIL)のシャワートイレです。

このトイレ、電動でふたが開閉するタイプで、トイレに近づくとウィーンと開いて、トイレから離れてしばらくするとウィーンと閉じます。

でも、我が家では、この機能をOFFにしていました。

理由は2つで、節電と子供の教育です。

なんとなく小さな子供は自分で開け閉めをさせたほうがいいかと思って。

特に根拠はありません。(;^-^)

手でウィーンと開けて、閉めるときはふたを手前に倒すように軽く押すと、ウィーンと音がしてゆっくり閉じます。

そうして数年が経ちました。

いつものようにふたを閉めようとすると、「ウィン、バンッ!!」

勢いよく倒れて、めちゃくちゃ大きい音を立てるのです。

ドアを2枚隔てたリビングから、子供や妻がどうした、どうしたと寄ってくるほどです。

試しに電動の開閉機能をONにしても、自動開閉しなくなりました。

それから、ふたを閉めるときは最後まで手を離さないように、と家族にお触れを出しました。

習慣はなかなか抜けないもので、トイレから「バンッ」、「バンッ」と響く日々が続きました。

購入してから4年以上が経っていて、保証期間は過ぎていました。

トイレのふたの内側に貼ってあるシールに、所有者登録をすると保証期間が5年に延長されると書いてありましたが、後回しにして登録をしていませんでした。(>_<)

そのことを妻に伝えると、

妻「あっ、そう言えば、私登録したわ。」

後光が射していた気がします。<(_ _)>

早速、リクシルの窓口に電話して修理を依頼しました。

ふたの開閉モーターの故障でした。

修理担当の方いわく、自動開閉をOFFにして、手動で開閉していると故障しやすいらしいです。

それじゃあ、製品にそう書いとけよ(書いてあったら、ごめんなさい)。

まあ、無料で部品交換してもらったので、万事OKです。

ふたの自動開閉をONにして、快適に使用しています。

ちなみにリクシルの所有者登録は、「リクシルオーナーズクラブ」にリニューアルしています。

シャワートイレは一部を除き、無料登録で保証期間が5年に延長できます。

有料になりますが、10年にも延長できるようです。

申し込み期限が製品引渡日または購入日から6ヶ月以内となっているので、僕のように後回しにしないように早めに行動しましょう。