抜け毛対策・育毛

育毛の為に朝シャンプーをしてみたら、他にもメリットありました。その効果と注意点とは

こんにちは。こうです。

ぼくは今年の7月から、朝シャンプーをしています。

なぜ朝シャンをするようになったかというと、抜け毛予防の為です。

以前は、夜、お風呂でシャンプーをして、2~3時間後の寝る前にリアップX5を塗布していたのですが、風呂上り即、リアップをするように変更してみたのです。

すると、これまでになくリアップが頭皮に染み渡る感覚があり、とても気持ちよかったのです。

こんなに頭皮に染み渡る感覚があるなら、効果も上がるかもしれない、と思いました。

そこで、朝もシャンプーをしてからリアップをするようにしてみました。

それまで朝は、寝ぐせを直すために髪の毛を全部濡らし、ドライヤーで乾かしてから、リアップを塗布していました。

そして、朝も夜も、シャンプー直後にリアップを塗布することを続けてみると、なんと、抜け毛が劇的に減ったのです。

と、ここまでは、以前こちらの記事でも紹介した内容です。

10月が終わろうとしている現在も朝シャンの習慣は続いています。

今回のこの記事では、朝シャンをしていて他にもいいことがあることに気が付いたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

朝シャンをすると髪の毛の乾きが早い

ぼくは体質的には、皮脂が多いほうです。

頭皮の皮脂も多いです。

なので、朝起きた時に、ベタベタしている実感はありませんが、頭皮と髪に皮脂がついていると思います。

前日夜に塗布したリアップも頭皮についています。

以前はこの状態で、寝ぐせ直しの為に、髪の毛を濡らして、タオルで拭き、ドライヤーで乾かしていました。

そうすると、タオルで拭いても、髪どうしでまとまってしまい、ドライヤーの温風を当てても、なかなか乾きませんでした。

朝シャンをするようになると、皮脂やリアップが頭皮や髪についていません。

タオルで拭くだけで、だいぶ髪の毛が軽くなる感じがします。

ドライヤーの風も、髪の毛の間や頭皮に届き、1分もかからず乾くようになりました。

乾いた後も、髪の毛が軽く、サラサラして気持ちいいです。

朝シャンをすると髪の毛がふんわりボリュームがでて、セットしやすい

ドライヤーで乾かした後は、髪の毛が軽く、ふんわりと乾きます。

ふわっとしているので、セットもしやすく、ボリューム感もだしやすくなります。

前から、朝、髪の毛をセットしている時に、うまくボリュームがでないことがストレスでした。

ドライヤーで乾かしても、髪の毛がぺったんこになって乾いてしまい、もう一度濡らして直すこともありました。

朝シャンをはじめてから、そんなことがなくなりました。

朝シャンをする時間はプラスになりますが、その後の乾かす時間、セットする時間は少なくなったので、トータルでは、ちょっとプラスぐらいだと思います。

朝シャンをすると頭皮の皮脂臭を抑えることができる

僕はまだ大丈夫だと思っているのですが、年を重ねていくと加齢臭が気になるところです。

頭皮の皮脂は、加齢臭のもとになります。

朝まくらが臭くなっている人は、寝ている間に分泌された皮脂が原因だと思います。

そんな皮脂を朝シャンできれいにすることで、加齢臭も抑えることができます。

僕はまだ大丈夫ですが、そんなメリットもあります。

朝シャンの注意事項

朝シャンはいいことばかりのようですが、注意事項もあります。

1つ目は、シャンプーをしっかり洗い流すことです。

シャンプーのすすぎが不十分だと、頭皮にシャンプーが残ってしまいます。

頭皮にシャンプーが残ることは、育毛によくありません。

シャンプーの洗浄成分が頭皮にずっとついていることになるので、当然だと思います。

一般的に、シャンプーで洗った時間と同じ時間、すすぎが必要と言われています。

朝、時間がない中で朝シャンをして、洗い流しが不十分にならないよう注意しましょう。

2つ目は、腰を痛めないように気を付けることです。

洗面台でシャンプーをしようと思うと、どうしても腰を曲げて頭を下げる姿勢になります。

この姿勢は腰への負担が大きいです。

腰に不安がある人は、時間をしっかりとって、お風呂場での朝シャンをお勧めします。

最後に

僕は、スカルプDで朝シャンをして、リアップX5を塗布するようにしてから、抜け毛が減りました。

余分な皮脂を取り除いたことで、リアップの効果を高めることができたのだと思います。

その他にも朝シャンは、いいことがいろいろあります。

朝シャンを始める時は、くれぐれも時間に余裕をもって、ばたつかないようにしてください。