抜け毛対策・育毛

【2021年3月】ミノキシジル5%発毛剤ランキング(有効成分、価格)

発毛剤ランキング
リアップで始まったミノキシジル5%の発毛剤も、今ではたくさんの会社が発売し、競争は激化しています。

それだけ薄毛の悩みをかかえている人が多いってことですね。

ぼくもそのうちのひとりですが。(;_:)

今回の記事では、そのたくさんの種類の発毛剤を、有効成分、価格でランキングしてみました。

スポンサーリンク

有効成分の種類ランキング

どの発毛剤にもミノキシジルが含まれていますが、他の製品との差別化の為、他にも有効成分を含有している商品があります。

ここでは、ミノキシジル5%を含めた有効成分の種類数でランキングしてみます。

カウントダウン、スタート!

3位 4種類 FCI(富士化学工業)

富士化学工業のFCIは次の4種類の有効成分を含んでいます。

【ミノキシジル】毛母細胞を活性化する。
【ピリドキシン塩酸塩】過剰な皮脂の分泌を抑える。
【トコフェロール酢酸エステル】皮脂の酸化を防ぐ。
【l-メントール】炎症やかゆみを抑える。

2位 5種類 リグロEX5エナジー(ロート製薬)

ロート製薬のリグロEX5エナジーは5種類の有効成分を含んでいます。

【ミノキシジル】毛母細胞を活性化する。
【ピリドキシン塩酸塩】過剰な皮脂の分泌を抑える。
【トコフェロール酢酸エステル】皮脂の酸化を防ぐ。
【l-メントール】炎症やかゆみを抑える。
【パントテニエールエチルエーテル】毛細胞に栄養補給し、頭皮環境を整える。

【第1類医薬品】【送料無料】ロート製薬公式 リグロEX5エナジー 60ml 発毛剤 ミノキシジル国内最大濃度5%
created by Rinker

1位 7種類 リアップX5プラスネオ(大正製薬)

1位はやっぱりリアップでした。

他社も有効成分を増やしてきたので、更に有効成分を増やしてきました。

【ミノキシジル】毛母細胞を活性化する。
【ピリドキシン塩酸塩】過剰な皮脂の分泌を抑える。
【トコフェロール酢酸エステル】皮脂の酸化を防ぐ。
【l-メントール】炎症やかゆみを抑える。
【グリチルレチン酸、ジフェンヒドラミン塩酸塩、ヒノキチオール】炎症・かゆみ・フケの原因となる皮脂や常在菌のバランスの乱れに作用して、頭皮環境を整え、発毛をサポートする。

番外 酸化防止剤フリー製品

有効成分ではありませんが、頭皮にやさしい発毛剤ということで、酸化防止剤フリーの製品もいくつか発売されています。

・メディカルミノキ5(アンファー スカルプD)

・アロゲイン5(佐藤製薬)

・ミノカミング(シーディ)

実売価格の安さランキング

たくさんの種類が販売されている発毛剤ですが、実売価格は3千円~7千円台と幅が広いです。

1ヶ月1本使うことになるので、価格が安い製品を選びたいと思われる方も多いと思います。

ぼくもそうです。

そこで、ここでは価格の安さでランキングしてみます。

セット販売しているものは本数が多いほうが安くなりますが、比較の為、3本セットの場合の1本あたりの価格でランキングしました。

楽天市場やYahoo!ショッピングで確認していますが、セールなどで価格は変動します。

最新の価格は各ショッピングサイトで確認してください。割引クーポンで更に安くなる場合もありますよ。

3位 ミノグロウ(岩城製薬)

ミノグロウは楽天市場で、3本セットが9,081円で販売されています。

1本あたり3,027円ですね。安い。

2位 ヒックスミノキシジル(エムボックス)

ヒックスミノキシジルは3本セットで、9,000円で販売されています。

1本あたり3,000円。安ーい。

ヒックスミノキシジルはYahoo!ショッピングのみでの販売です。

HIX Minoxidile5(ヒックスミノキシジル5) 60mL
created by Rinker

1位 ミノケア(日新薬品工業)

ミノケアはYahoo!ショッピングで、3本セットが8,934円で販売されています。

1本あたり2,978円。3千円を切ってきましたー!

まとめ

今回の記事では、ミノキシジル5%配合の発毛剤を、有効成分、価格でランキングしました。

有効成分の種類数では、
1位リアップX5プラスネオ、2位リグロEX5エナジー、3位FCI
価格の安い順では、
1位ミノケア、2位ヒックスミノキシジル、3位ミノグロウ
でした。

ミノキシジル5%配合の発毛剤は他にもたくさん販売されています。

詳しくは次の記事で網羅的に紹介しています。どれを選んだらいいか迷ったら参考にして下さい。