Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/usagipurin/simfree-soreiine.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
楽天モバイルの支払いは口座振替だとデメリットが多い | 都会から田舎へ移住。ゆったり副業生活
楽天モバイル

楽天モバイルの支払いは口座振替だとデメリットが多い

こんにちは。こうです。

70代の親のスマホデビューに向けた準備の続きです。前回の記事はこちらをご覧ください。

前回は手順を整理してみました。

今回は、実際に申し込む時に必用なものを、親に用意してもらわないといけないので、改めて楽天モバイルのホームページで確認しました。

申し込みのページを見てみると、「お申込み前に、こちらをご準備ください」と次のものが挙げてありました。

・クレジットカード、銀行口座など
・本人確認書類
・MNP予約番号(他社から乗り換えで、電話番号を引き継ぐ場合)

クレジットカード持ってるかな。本人確認書類は運転免許証があるからOK。MNP予約番号は申し込む直前だから今はまだいい。

クレジットカードの確認です。

ぼく
ぼく
クレジットカード持ってる?
母
持ってないよ。

やっぱりかー。持ってないかー。

前に楽天モバイルの口座振替について調べたのですが、口座振替は毎月100円(税別)の手数料が必要になります。

さらに、なんと、口座振替で支払いをすると、楽天スーパーポイントによる支払いはできないんです。

楽天スーパーポイントで支払いをする設定にしていると、自分が持っている楽天スーパーポイントの残高を使って、楽天モバイルの月額料金の支払いができます。足らない分をクレジットカードで支払うことになります。

楽天スーパーポイントによる支払いは、楽天モバイルの大きなメリットのひとつです。

ぼくは何度かポイントで全額支払うことができて、クレジットカードの支払いが0円になったことがあります。

楽天カードを作れば、新規入会&利用キャンペーンは常時開催されていて、最低でも5,000ポイント、ポイントアップ時には7,000~8,000ポイント貰えることもあります。

楽天カードのキャンペーン詳細確認と申し込みはこちらからできます。

絶対、楽天カード作って、クレジットカード払いにして、楽天スーパーポイントで支払う設定にしたほうが得なんだけど。

でも、クレジットカード持ったことのない70代の親に、クレジットカードの管理をさせるのはちょっと不安です。

断然、楽天カード作ったほうが得だけど、今回は見送って口座振替にすることにしました。
楽天カード結構です
さて、日程調整して、いよいよスマホへの切り替えです。また、切り替えできたら、その時の内容をご報告しますね。

楽天モバイルへの申し込みはこちらから。