抜け毛対策・育毛

ミノアップをリアップX5プラス愛用の僕が本気で口コミ。どっちがいいの

こんにちは。こうです。

今年のはじめから、リアップX5プラスをメインで使用しつつ、間でリアップX5プラスのジェネリック品を試してきました。

これまでに試したのは、スカルプDのメディカルミノキ5とロート製薬のリグロEX5です。

そして今回使ってみたのが、東和薬品のミノアップです。

実はこのミノアップは、試してみるのがとても楽しみだった製品です。

その理由は、まず、価格が安いこと。

次に、販売している会社がジェネリック薬品で有名な東和薬品であること。

そして、薬液がでる容器の先端部が、ミディカルミノキ5やリグロEX5と異なり、リアップX5プラスに近い感じがすることです。

メディカルミノキ5とリグロEX5は、薬液がでる容器の先端部が同じ構造でした。薬液を思うように出しにくい容器で、思わぬところで大量に出て垂れてしまうことが多かったです。詳しくは次の記事をご覧ください。

今回の記事では、ミノアップを使ってみた感想を、リアップX5プラスと比較し、ご紹介します。

【外観比較】リアップX5プラス vs ミノアップ

外箱はこんな感じです。
ミノアップの外箱
リアップX5プラスと同じくらいです。

製品本体は次の通りです。
ミノアップ本体
そしてキャップを外すと、こんな感じ。
ミノアップのキャップを外したら
薬液がでる先端部をアップにしてみましょう。
ミノアップのノズル先端
リアップは、先端部を頭皮に押し当てると、黒い部分が下がって薬液が出るようになります。

次の画像がリアップの薬液が出る状態の先端部とミノアップの先端部を比較したものです。
ミノアップとリアップのノズル先端比較
両製品とも、この小さな先端部を頭皮に押し当てて、引っ込むと隙間ができて薬液が出てくる仕組みです。

微妙ですが、リアップのほうが少し太いです。

薬液が出てくる部分の仕組みはほぼ同じですが、実際に使用してみると思ったより違いがありました。

【使用感比較(容器)】リアップX5プラス vs ミノアップ

リアップX5プラスを塗布するには、

1.キャップを外す。
2.本体を逆さにして、透明のドーム部に薬液が貯まった状態で、先端を頭皮に押し当てる(先端の黒い部分が引っ込む)。
3.先端を頭皮に押し当てて、塗布する。
4.キャップを閉める。

ミノアップを塗布するには、

1.キャップを外す。
2.白い回転部を回し「はかる」に合わせる。
ミノアップ塗布
3.本体を逆さにして、ドーム部に薬液が貯まった状態で、回転部を「ぬる」に合わせる。
4.先端を頭皮に押し当てて、塗布する。
5.キャップを閉める。

リアップX5プラスは、塗布する時と同じ動作で薬液が出る状態になり、そのまま塗布できます。

ミノアップは、計るための操作(回転)と、塗布するための操作(回転)が必要です。

リアップX5プラスの仕組みがよくできていることがわかります。

でも、ミノアップを何日か使っていると、この操作はさほど手間には感じなくなります。

それよりもっ!!

ミノアップは薬液の出る量が少ないです。1回分の塗布量1mLを塗布しおわるまでに、ミノアップを持って上げている肩がつらくなります。

かなりトントントントンした後で残りの量を見ると、ほんのちょっとしか減っていない。

それにリアップX5プラスくらいの量が出てくれると、「今出たな」って頭皮で感じるんですが、ミノアップは出ているのか出ていないのかよく分かりません。

塗布したいところに塗布できているのか分かりづらいし、1回分の薬液を使い切ったタイミングも気づかず、トントンし続けてしまいます。

1回のトンで出る薬液の量を、もう少し多くしてほしかったですね。スカルプDのメディカルミノキ5やロート製薬のリグロEX5の出すぎて垂れるよりは、こちらのほうがいいですが。
リアップvsミノアップ

【使用感比較(薬液)】リアップX5プラス vs ミノアップ

薬液については、ミノアップのホームページを見ても、ミノキシジル5%配合以外の特徴は記載がありません。

実際に使用した感じも、メディカルミノキ5やリグロEX5と同じで特別な感じはありません。

リアップX5プラスのような、メントールのスーとする感じもありません。

【効果】リアップX5プラス vs ミノアップ

メディカルミノキ5やリグロEX5の同様に、1ヶ月間、リアップX5プラスからミノアップに切り替えて使用してみました。

使用方法はリアップX5プラスの時と同じで、朝晩、シャンプー後に塗布しました。

ミノキシジル5%配合は同じなので、ミノアップを使用している間の抜け毛の量はあまり変わらない感じがしました。

しかし、先ほど記述した通り薬液の出る量が少ない為、出ている出ていないを感じにくく、塗布したいところに塗布できていないことがよくありました(塗布したつもりの場所を指で触っても、指に薬液が付かなかった)。

これを長期間続けてしまうと、場所によりミノキシジルの効果が十分に発揮されない可能性もあり、発毛に影響すると思います。

容器の構造は重要だなと、改めて実感しました。

【実売価格】リアップX5プラス vs ミノアップ

希望小売価格は、
リアップX5プラスが、7,048円(税抜)、7,752円(10%税込)。
ミノアップが、7,049円(税抜)、7,753(10%税込)。

でも、楽天市場やYahoo!ショッピングでは、ミノアップは3,000円台で販売していて、更にポイントがもらえます。

価格面では、ミノアップはかなりお買い得です。この価格差なら、容器の使い勝手を何とか工夫して、リアップX5プラスから乗り換える価値はありますね。

【総合評価】リアップX5プラス vs ミノアップ

使用する前には、かなり期待の高かったミノアップですが、塗布のしやすさでリアップX5プラスには及びませんでした。

毎日使うとなると肩が疲れてしまうし時間がかかる。また、頭皮の必要な場所に適切に塗布し続けることも難しいかもしれません。

それでも価格の安さは捨てがたいです。この価格なら、費用面の負担はかなり低減できます。

ミノアップは、何とかして使いたい製品ですね。

リアップX5プラスと1ヶ月交代で使用するとか、ミノアップの薬液が出る先端部に何か突っ込んで幅を広げ、薬液の出る量を増やすとか、リアップX5プラスの空容器にミノアップの中身を移し替えて使うとか。

【追記です】
という事で、ミノアップをリアップX5プラスの空容器移し替えてみました。詳しくは次の記事をご覧ください。